悪徳な投資顧問会社を見極めるポイント

確認必須の基本事項

確認する情報を記入している人

悪質投資顧問会社を見極めるために確認しておく必要があることとして、金商番号、住所、電話番号などです。
実在している住所なのか、電話をすれば担当者が出るのかなどを確認しておくことは必須です。
特に金商番号は登録されていることが確認できるものですので、一度は見ておきましょう。

また、悪徳投資顧問会社の特徴として、優良投資会社に名前を似せているということがあります。
わざわざ似た名前にしているのですが、優良投資会社だと信じて契約してしまう人もいるので注意が必要です。

名前を似せている悪徳投資顧問会社は、ホームページも似せている可能性が高いです。
似た名前や似たホームページに騙されないためには、サイトのドメインから判断することが大事になります。
ドメインを同じにすることはできないので、ドメインをしっかり確認することで似た名前に騙されることは少なくなります。

問い合わせに対する態度

電話でお問い合わせ

悪徳投資顧問会社の特徴として、問い合わせにはあまり反応しません。
そこまでしてしまうと、悪徳会社だとばれてしまうために反応できないという面があるのです。

問い合わせをして、不審な態度の会社だと感じたらそこで契約はストップすることが重要です。
お金を払ってしまうと、お金が戻ってくる可能性は低いでしょう。
そうならないために問い合わせをしてみるというのは、悪徳投資顧問会社を見抜くときに重要になります。

方法としてはできる限り専門的な話を問い合わせしてみると、反応で優良投資顧問会社かどうかが分かります。
懇切丁寧に説明してくれれば、悪徳投資顧問会社の確率は低くなります。
返答に時間がかかったり、正しいとは言えない回答が返ってきたら黄色信号です。

このような点ではマスターズトレードは悪徳投資顧問には該当していないと言えます。
マスターズトレードであれば会社の住所もしっかりしていますし、金商番号も取得しています。

投資情報を提供する際の謳い文句

確実に儲かるとか、100%上がる株の情報を提供するという投資顧問会社は、悪徳である可能性があります。
株式投資に絶対や確実なことはありません。
そのため、投資顧問会社がそのような虚偽の情報を提供すると約束することはありえないのです。

しかし、悪徳投資顧問会社は契約をとるために甘い話をいくらでもします。
その結果、一般的にはあり得ない約束につながります。

このようなことを求める背景として、投資をするときには保証を求めてしまうことがあるからです。
しかし、保証があるならみんなが同じ行動をしてしまいます。
そうなれば、投資で損をする人がいなくなるでしょう。
現実はそこまで甘くないと理解していれば、悪徳投資顧問会社の甘言に乗ることはありません。